最近私の治療のメインテーマはである。

 

脳に対しては、すでにいくつかの
テクニックを開発しており、

 

「アクティブ・ブレイン・アプローチ」は
や発達障害の子供に
必須のテクニックである。

 

このテクニックは未だ
誰にも教えてはいません。

 

それに最近では、「脳統合テクニックA,B」があり、
かつ「脳のスパズム・テクニック」、改め
「脳ブロック・テクニック」があります。

 

このテクニックはクラニアルの
治療ではなく、ブレイン・テクニック
ということになります。

 

「脳ブロック」については、フルクラム
でもなく、スパズムでもない、いわゆる
病変とも呼ぶべきものであり、

 

フルクラムもスパズムも入っている
ものと考えて欲しい。

 

今のところ、このテクニックが
効果があることは明確で、

 

足の痛み、手の痺れも
有効に治すようである
(もちろん構造問題は
治しておくべきである)。