グリーンハウス オステオパシー研究所

東京都目黒区|オステオパシー治療|オステオパシーセミナー

「ワールドセラピーシステム」の記事一覧

エドガー・ケイシーと精神 WTS通信

最近、ケイシー療法についての以下の本を手に入れて読んでいる。 私はまだ20代の頃、インピーダンスデバイスという ケイシー療法で使う器具を入手し、ほぼ毎日昼休みに 使っていたが、特に何かの効果を感じることがなく、 いつの間 […]

軸について WTS通信

一般的治療において、例えばカイロプラクティックならば 頚椎一番であるとか、骨盤の問題で身体が歪むと考え、 それを治すようにアプローチする。 検査も、姿勢分析器を用いることもある。 またオステオパシーであるなら、静止、また […]

健全に対しての新しい考え方 WTS通信

以前、「健全の三角」というものを発表した。 いまそれがさらに進歩して「健全の三角錐」がWTSにおける 「健全」に対しての考え方であるということになりました。 この考え方にWTSの概念が入り込んでおり、今後これを 中心の柱 […]

<2020.3.22>WTSガイダンス開催のご案内

ワールドセラピーシステム研究会に入会するためのガイダンスを行います。 入会希望の方は、まずこのガイダンスを必ず受講してください。  開催要項 日時:2020年3月22日(日)9:30-16:30  場所:当治療院(東京都 […]

ワールドセラピーシステムの治療 WTS通信

前回来院時に、膝を軽く床にぶつけてから、座るときに その膝が当たると痛む人が来て、構造的に治療をして痛みを取り、 様子を見ることにした。 その時は構造的治療により、痛みは出なくなった。 しかし今回来られると、やはり膝が当 […]

早すぎる理論に世の中がついてこない WTS通信

数十年前にすでに日本のカイロプラクティックや オステオパシーでは「対症状を治すのではなく 異常をみつけて治し、あとは自然治癒力に任せる」 というA.T.スティルの4大原則が言われていた。   今でもそうであるが […]