WTS通信 全投稿

各会員へ WTS通信 694

2018/9/26

WTS研究会の規約で半年に一度セミナーまたは 研修会に参加することが決められています。   また、今年から会員の先生方もWTSガイダンスに 再受講することが可能となりました。   しかし、ガイダンスの再受講は半年ルールにカウント されませんので、その点ご理解ください。   よろしくお願いします。

ReadMore

no image

全投稿 受講生の感想

クラニアルセミナー上級を受講した感想/2018.9.23

2018/9/26

順不同でご紹介しています。   車田暁則 先生 前回の復習や今シリーズの技術を生かしての 検査、治療をしましたが、いかに自分が不出来で 身についていないかが分かり、大変勉強になりました。 田尻先生の流れるようなクラニアル治療を見て、 勉強、精進し続けねばと思わされました。 田尻先生の新しいアイデアやテクニックを学び、 原理からテクニックまで独創性と技術力の 高さを感じました。   星英之 先生 上級ということで、構造をクリアできていることが 前提(その前提のレベルも高いですが)でした。 ...

ReadMore

WTS通信 全投稿

WTS研究会中伝2 WTS通信 693

2018/9/25

10月に行う中伝2において、WTSのTMJ アプローチ、クラニアル・アプローチを 考えていますので、ふるって参加して下さい。   このTMJアプローチには、喉や発声 ということも含まれています。   TMJとクラニアル・アプローチにおいては 今までにないやり方を紹介しますので 楽しみにしていてください。   このアプローチを体験してもらえば 分かることですが、人体は単に物理的 アプローチだけでは解決しない多くの問題を 含んでいるということが良く分かると思います。

ReadMore

全投稿

理由があれども・・・

2018/9/25

日本の運動会は毎年10月初めにやる 幼稚園や学校が多いと思います。   しかし、毎年様子を見ていると、 この時期はたいてい天気が悪く 延期や中止が多いと思います。   むしろ10月中過ぎが天気が多いので、 そのころに運動会をやればよいのにと 思うのは私だけでしょうか?   例年の傾向がそうならば、 変えるべきだと思うのです。   そのへんの頭の固さが日本の停滞を作り、 マレーシアのような経済発展を妨げている と思うのですが、如何でしょうか?   柔軟な対処 ...

ReadMore

シリーズ・オステオパシー 全投稿

歯について シリーズ・オステオパシー

2018/9/24

オステオパシーには頭蓋矯正法= クラニアル・テクニックがあり、 最近ではだいぶ多くの人が学んでいるようです。   それは大変に良いことのように思われますが、 以前書いたように、その中身は千差万別で、 甚だしく稚拙なものも多い。   しかし、たとえどんなにオステオパシーの 技術やクラニアルの技術が素晴らしいとしても、 もし歯自体に大きな問題を持つ場合には、 きちんとした治療はできないということを、 クラニアルをしっかり勉強している先生ならば 充分理解できるでしょう。   不正な ...

ReadMore

全投稿

2018/9/22

以前のような暑さは消えて、少しずつ過ごしやすい 気候となってきました。   台風がやたらと来て大変であった日本も少しは 落ち着きがもてる感じとなりました。   自然の力は強力で人間の作ったものなど、 自然が一振り力を払えば、たちどころにその形は 崩れてしまいます。   涼しくなっていくのは良いことですが、何かを した訳でもなく疲れが出たり、体調不良となります。   そんなときは、時間をとって体を休めたり、 消化の良い物を食べ、あまり胃を疲れさせない ことです。 &n ...

ReadMore

WTS通信 全投稿

使いこなす WTS通信 692

2018/9/22

もしあなたが一流の料理人になろうと思い、 ある一流ホテルのレストランの料理長の下で 修行を始めたとしよう。   なんとしても一流の腕を身につけようと思った ならば、その人がどのような努力を積まねば ならないか想像できないだろうか?   一流の落語家の下に弟子入りしたら、どのように 努力していくか分かるだろうか?   志村けんを知っているだろうか?   彼がドリフターズに弟子入りしたときに、ご飯が 食べられず他のメンバーの残したラーメンや その汁をすすって飢えをしのい ...

ReadMore

シリーズ・オステオパシー 全投稿

意図 シリーズ・オステオパシー

2018/9/21

パーカッション・ハンマーもVレイも術者の 意図を器具に合わせることで、単なる物理的な 刺激では無くなる。   オステオパスも単に自分の肉体を使って治療 するのではなく、治療に有用なもの、フルフォード 先生がそうであったように、自分のものを用意 しておくのは良いことである。   ボーゲルカットクリスタル、パーカッション・ ハンマー、磁石、そしてVレイなど。   そして、これらを用いることの特性をよく理解し、 用いるべき時に用いるべきであろう。   今回、私はVレイを紹 ...

ReadMore

WTS通信 全投稿

つらい経験 WTS通信 691

2018/9/21

「つらい経験が人を成長させる」 この言葉を鵜呑みにしてはいけません!   「つらい経験」が人を「成長させる」場合も、「ダメ にしていまう」場合も、「立ち会が上がれなく、自信を 持てなくする」場合も、それの為に「前に進むストッパー になってしまう」場合もあります。   成長させ得る人はm過去をきちっとその時々で 解決してきた人、又はその下地となるトラウマを 持っていない人、又は精神のパワーが強い人であろう。   だから、そういうことがあることを知らぬ人が つらい思いをしている人 ...

ReadMore

グリーンハウスからのお知らせ セミナー情報 全投稿

10月28日(日) WTS研修会中伝2

2018/9/20

10月28日(日) WTS研修会中伝2 ※最少催行人数に達しない場合は中止となります。 【日時】 10月28日(日)10:00~16:30 【対象】 WTS会員で中伝1を受講された方(過去の中級1を受講者された方) 【場所】 当治療院 【定員】 12名限定(定員となり次第、締め切らせて頂きます) 【料金】 20,000円 (税込) 【持ち物】 事前アンケート(2枚)、無料でお渡ししたバイル、テキスト、チャートなど 【申込受付】 9月 20日(日)午後3時よりメールフォームから受付開始 ( 10/14 締切 ...

ReadMore

記事カテゴリー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Copyright© グリーンハウス オステオパシー研究所 , 2018 All Rights Reserved.