シリーズ・オステオパシー 全投稿

見えざるもの1 シリーズ・オステオパシー

2018/10/15

真に健康に導き、病に向かい、対処するためには 表に出ているものだけに目を向けるのではない。   原因と思われた身体内の病変に目を向け 治すのでもない。   このやり方では、近い将来(すでに始まっているが)には、 人を治せない治療者ばかりで、その場ごまかしの治療の 横行になるであろう。   医師も含めて治療者には大きく3つの心理がある。   1.自分のやっていることを疑わず、続ける しかし心の中では、なぜ治らないのだろうかとは思っている。 または、自分の周囲の先生も同 ...

ReadMore

シリーズ・オステオパシー 全投稿

生命の力と電気 シリーズ・オステオパシー

2018/10/13

フルフォード先生は自身の治療にパーカッション ハンマーを用いた。   それを考えると、Vレイも我々オステオパスが うまく利用しうるのではないかと考えている。   ただVレイはエネルギーが強いため、 本当にうまく用いなければ駄目である。   この器具、道具は神経、血流、リンパ、そして 電気場(エネルギー磁場)に作用することを うまく考えて、適切に治療の主役としてではなく、 補助として用いたならば、大変ユニークな効果を発揮する。   しかし、このツールを単に道具としてし ...

ReadMore

シリーズ・オステオパシー 全投稿

体質改善 シリーズ・オステオパシー

2018/10/13

以前に何回か話をしている右脚リンパ腫、 左股関節骨折して手術の方に、続けて Vレイを行っている。   治療に来られて、状態は確実に良くなっている。   しかも、病院でのリハビリをやめた結果、 さらに良くなっている(これは本人も自覚があり、 この方は80歳を超えている方だが、今回の話で 「以前から夏でも靴下をはいて寝ていたのだけど、 最近は足が暖かくて、履いていない」だそうである)。   Vレイを全身に行うと、「身体が暖かくなる」という人や 「身体にエネルギーが満ちている」とい ...

ReadMore

全投稿

深淵の色は 佐川幸義伝

2018/10/12

  これは今年亡くなられた故津本陽氏の 最後の作品でもあります。   言うまでもなく(言った方がいいか) 佐川先生は近代の、いや日本が生んだ 不世出の大武道家であり、宝である。   久々に、佐川先生を知る人である津本氏の 書いた本であり、この本の執筆のために 多くの佐川先生の門人の協力があったそうで、 一般人には知る由もない情報が入っているのが良い。   それ中でも、やはりそうか!と思えた情報が2つあった。   1つは佐川先生の旅行時の映像、そして たぶん ...

ReadMore

WTS通信 全投稿

診断法2 WTS通信 705

2018/10/11

WTSの診断法には、他者を使う方法と、自分を 診断ルールに用いて行う方法がある。   この、自分をツールにするのはNMRTとは全く違うため これは常なる練習が必要とされる。   しかし、この方法を身につけられたら、直接相手との 接触を必要としないため、大変便利である反面、 長時間の検査向きではない。   これらの検査法に熟達し、かつWTSをうまく使うこなすために、 私は全会員に、あるツールを使って練習することを教えているが、 これは検査習得のためと、自分の潜在的WTSのパワー ...

ReadMore

シリーズ・オステオパシー 全投稿

耳科クラニアル シリーズ・オステオパシー

2018/10/11

最近80を超えた方2人の難聴が、 少しづつではあるけど聴こえるようになってきた。   耳元で少し大きな声で話をしても 聞こえなかった人である。   ただ、2人とも大音量で少し音が分かる 程度には聞こえていたので、全く聞こえない わけではなかったのが希望であった。   まだ10回もやらないうちに効果が出ているのは 明らかであり、今後が楽しみである。

ReadMore

WTS通信 全投稿

人体〇について WTS通信 704

2018/10/10

私は今回人体というものを29種類に分けた。   オステオパシーでは、せいぜい10種類ほどである。   このように29種類に分けたには、 それなりの理由がある。   この概念を知っていると知らないのでは、 やっている治療の意味合いが全く違ってくるだろう。   このような形で人を29種に分けたのは 私が初めてであろう。   研修会において解説する。   また、各会員にお知らせしたように、 今後通信教育をスタートさせる。   これは各会員の技 ...

ReadMore

全投稿

秋の色

2018/10/10

最近は治療院への行き帰りも、また 治療院の窓を開けてみている風景においても、 蝶がひらひら飛んでいたり、トンボが 飛んでいたりするのが見られます。   一時の台風ラッシュがおさまり、過ごしやすい 日々が続くことを祈るばかりです。   気温、湿度ともに楽になっていくと思いますが、 夏疲れなどの出てくる頃なので、何か疲れた 感じがあれば無理をしないことです。   汗をかいたらシャツを変えたり、ハンカチで 良くふいたり、また水をしっかり飲むこと (少しづつクリスタル岩塩の入ったもの ...

ReadMore

セミナー情報 全投稿

11月3日(土) アレルギーセミナー&ワールドセラピーシステム ガイダンス開催のお知らせ

2018/10/10

11月3日(土) アレルギーセミナー&ワールドセラピーシステム ガイダンス 【日時】 2018年11月3日(土)10:00から16:30 【場所】 当治療院 【内容】 ①ワールドセラピーシステム ガイダンス(アレルギーについて) (9:30~12:30) アレルギーやエネルギーの干渉についての勉強であり、 WTSの基本概念を学ぶものです。 1.身体とエネルギー、2.アレルギー治療の実践、3.アレルギーと身体構造 ②ワールドセラピーシステム ガイダンス (13:30~16:30) 4.ワールドセラピーシステ ...

ReadMore

WTS通信 全投稿

診断法1 WTS通信 703

2018/10/9

最近気づいたことがある。   それは「イニシエートする」ということである。   NMRTにしろ擦過テストにしろ、これは単にHow Toと いうよりも、私からの伝授ということになるし、 テクニックもそうなのだと思う。   ここに面白いことを紹介する。   私のところに治療に長年通っている方が、 この1年くらい、治療の勉強に来られている。   最初のうちは大変にぎこちなかったのであるが (手技は全くやっていない人なので)、他の 治療をやっている人たちよりも理解 ...

ReadMore

当院のセミナー

利益や簡易さ求める治療家のための誰でも受けられるありきたりなテクニックのセミナーではなく、どこにもない技術で困っている患者を真に治す、本物のテクニックを教えるセミナーです。

患者さんへの注意

多くの治療院のホームページによくある、「セミナーに行ってきます」は要注意です。その先生は必ずしも価値ある勉強をしに行ったわけではないかもしれません。「私は〇〇の勉強をしてきました」というのは箔付けであり、それだけでは全く意味がありません。必ずしもその治療師が優れた治療をするとか、素晴らしい治療を身につけているということにはならないので、よーく注意してください!

記事カテゴリー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Copyright© グリーンハウス オステオパシー研究所 , 2018 All Rights Reserved.