全投稿 参考図書

参考図書

2019/1/19

閃めく経絡(ひらめくけいらく) 現代医学のミステリーに鍼灸の“サイエンス"が挑む! 医道の日本社     魔法の世紀 PLANETS     0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる 学ぶ人と育てる人のための教科書 小学館    

ReadMore

WTS通信

精神治療 WTS通信 752

2019/1/19

脳に損傷がなければ、一般的に世間で 見られる引きこもりや鬱等の問題は、 我々のWTS治療により改善、もしくは 良くすることができる。   最近「なぜ日本の精神医療は 暴走するのか」という本を買い、 今読んでいるが、これがすべてでは ないにせよ、全くひどい話である。     ある人のご主人がうつ病を持っているが (海外の人)、日本の精神科関係の治療は 信頼できないといって治療を受けていないという 話を聞いたが、この本を読むとさもありなんと思う。   私は、私たちのやっ ...

ReadMore

シリーズ・オステオパシー 全投稿

関連付け シリーズ・オステオパシー

2019/1/18

今年に入って来院した人で、 体調の悪い人がけっこういた。   その中でいくつか気付いたことを話します。   新年になり、首、腰が痛いといって 来た人がいました。   「心当たりはありませんか?」と聞くと 「ないです」と。   暮れから新年にかけて体調を崩す 理由の1つは大掃除です。   「仕事場は大掃除しましたか?」 「はい。その翌日から家の大掃除を 頑張ってやりました」   私は2つの大掃除を休みもせず頑張った ことが理由と考えました。 &nb ...

ReadMore

WTS通信

地震か? WTS通信 751

2019/1/18

去年末から今年に入って、ジオパシック ストレスの影響を受けている人が多い。 すでに15名ほどいる。   今回の特徴は、2名の人が1か月くらいで 新しくジオパシックストレスに対処する 手段をとらねばならなかったことで、 今までにないことである。   私たちには、地面の下の地球の変化は 目に見えぬため、なんとも言えないのだが、 もしかしたら東京の地殻に何らかの異常が 発生しつつあるのかもしれない。   とするならば、今年あたりは東京は 危ないかもしれない。   まあ、東 ...

ReadMore

WTS通信

今年の重要なテーマ WTS通信 750

2019/1/17

今年は細胞と神経(回路)がテーマである。   その中でも特に考えているのが 「遺伝子」に対してである。   これはすでにテクニックを考えており、 今後どのように掘り下げていくかである。   例えば皮膚に注射痕がひどく残っている 人にアレルギー関連の遺伝子(すでに 入手済)を調べて治療するだけで その場で良い変化を起こした。   多くの遺伝子情報を1つの資料に まとめている作業中である。   完成したら会員諸氏の手元に行くであろう。   今できるだ ...

ReadMore

WTS通信

大幅改正中 WTS通信 749

2019/1/12

今まで作った方法をいま整理しています。 そして資料も。   新しいチェック項目チャートが 出来上がりつつあります。   いま遺伝子に対しても色々工夫していて、 すでに効果も上がり始めています。   例えば最近では、右腎がんがみつかり、 右腰の痛みと右脚部のしびれが出ている方に 腎がん遺伝子修正治療を行うことで、 その場で右腰脚の痛みしびれが消失しました。   これで腎がんが消えたことになるわけではない のですが、この遺伝子異常のエネルギー場が 身体に異常をきたしてい ...

ReadMore

シリーズ・オステオパシー 全投稿

ロングタイド シリーズ・オステオパシー

2019/1/12

そのレベルに正しく入り、かつ術者側が 心静かに感覚を研ぎ澄ますと分かってくる。   自分がビジュアライズした組織の中で、 ロングタイドが動いていく、移動していく。   リキッドライトでは感覚が変わり、 組織を変容させていく。そしてベクトルが 修正されると、傷ついた組織が活力を取り戻す。   正常化へ向かう。   これらは、それを体験し、かつ体得せねば 机上の空論にしかすぎず、分からない人は 単にその気になってやっているつもりのままで、 病変には何の変化も生じない。 ...

ReadMore

シリーズ・オステオパシー 全投稿

本 シリーズ・オステオパシー

2019/1/11

「クラニアル教本2」の原稿は、去年のうちに ほぼ終わっています。   なぜ製本して出さないか?   多くのことを書いて、多くのアイデアを書いて 新しいテクニックを書いてあります。   出せない理由の1つは、本としての体裁になっていないこと。 もうひとつの理由は、自分が納得していないためです。   今日もそうであるが、少しずつ書き足している 状態が続いているためである。   「内臓教本」は、ほぼすべて書き上げてあるが、 新しいオリジナルテクニックはあるが、基 ...

ReadMore

WTS通信

ケムトレイル WTS通信 748

2019/1/10

この言葉は、会員諸氏は充分に知っていることと思います。 また、知らない会員は検索してみてください。   世に中に多くく公認されていないことで、 自分の身の回りに生じている様々なことを 知らないでいると、本当に恐ろしいその時が 来たら、驚愕する事態が生じたとき、心の準備が 何もないまま、自分の命を危険にさらしてしまう ということがないとも限りません。   私は通勤の時に空を良く見ているのですが、 しばらくケムトレイルはみなかったのに、 1月8日になって、何本ものケムトレイルを見ました。 ...

ReadMore

シリーズ・オステオパシー 全投稿

研究 シリーズ・オステオパシー

2019/1/10

今私はバイオダイナミクスにより 成果を出し、出せるまでになっている。   今後は自分の作り出したテクニックを より磨いて、さらに光を与えていきたい と思っている。   少なくとも、バイオダイナミクスに肩を並べる くらいのレベルに引き上げたいと思う。   まずは「インパクションテクニック」 そして「ニュートラルバランス」である。   次に「圧力バランス」「アースバランシング」 「FAT」である。   なぜインパクションテクニックとニュートラル バランスを最初 ...

ReadMore

おすすめ記事

1

2019年 1月 20日    基礎臨床セミナー1 27日    第4回一般向けWTSセミナー 中止 2月 10-11日 インパクション・セミナー初級 17日    基礎臨床セミナー2 24日     ...

2

各動画のタイトルにYouTubeリンクを貼っています オステオパシー無料基礎講座:胸郭2 オステオパシー無料基礎講座:胸郭1 オステオパシー無料基礎講座:上肢4:手・手首 オステオパシー無料基礎講座: ...

記事カテゴリー

当院のセミナー

利益や簡易さ求める治療家のための誰でも受けられるありきたりなテクニックのセミナーではなく、どこにもない技術で困っている患者を真に治す、本物のテクニックを教えるセミナーです。

患者さんへの注意

多くの治療院のホームページによくある、「セミナーに行ってきます」は要注意です。その先生は必ずしも価値ある勉強をしに行ったわけではないかもしれません。「私は〇〇の勉強をしてきました」というのは箔付けであり、それだけでは全く意味がありません。必ずしもその治療師が優れた治療をするとか、素晴らしい治療を身につけているということにはならないので、よーく注意してください!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Copyright© グリーンハウス オステオパシー研究所 , 2019 All Rights Reserved.