今は、バイル法と、新しく作った
「左右調和法」とニュートラルバランス、
で全て事足りるので、
少しおろそかにしてしまったが
(そのようにわざとしてみた)、

 

やはりWTSの治療は絶対的に
必要であると改めて感じた。

 

それは治療の深さという事に尽きる。

 

つまり、結果としての状態を正しても、
それをつくり出した原因を見つけ、
解除しなければ、本当には
治したことにはならないことがある。

 

やはり、NMRTによってそこまで
割り出して治すと治さないでは、
身体は治り方が違うというのが
私の感想である。

 

どんなに他の素晴らしいテクニックが
存在しようとも、このWTSの技術
によってのみしか解決しないことが
あるという事である。