この季節の変わり目になって、特に
多く治すことが多いのが、心臓血管系である。

 

、三点バランス、すべりテスト等で
チェックして心臓が出てくる。

 

治療は、
、インパクション
などが多いが、ここを治療すると
患者さんは、「胸が楽になった」
「呼吸が楽」「緊張が取れた」とか
言うことが多い。

 

治してもらうことで、
初めて気づくことが多い。

 

心臓はいつ何でどうなるか分からない
ところだから、用心が必要である。

 

若いからと言って安心できない。

 

心臓のバイタリティーとCRI,
脳の活力には関連があり、当然
呼吸力とも関係が深い。

 

ここをきちんと治療できるということは、
大変重要なことである。

 

さて、これを読んだ治療者である
あなたは、心臓血管系の治療に
自信はありますか?