WTS通信

NMRT WTS通信 826

投稿日:

精度、反応の悪さについて

 

もしきちんと反応していないように
感じたとき、術者側に問題がないならば
ON,OFFが出来ていないことが考えられる。

 

その原因は、身体のどころに痛みがあって、
上手く力が抜けない、不安があって
力が抜けないせいである。

 

また、時として術者が結果を早く
出そうとして、早くNMRTを行い
すぎるため、相手の神経がその
スピードについてこれない場合がある。

 

それらの時は、NMRTで反応を見たとき、
次に移る前に、一度両腕を下におろして
リラックスさせる。

 

そして術者は少しゆっくりと
NMRTを行うとよい反応をする。

 

術者は、一度相手が良い反応をしたときの
感じをおぼえておき、反応が変だと
思ったならば、再び先ほどのやり方をして
リセットしなおすとよい。

 

会員諸氏には、ぜひやってほしいと思う。

  • この記事を書いた人

tajiri

-WTS通信

Copyright© グリーンハウス オステオパシー研究所 , 2019 All Rights Reserved.