WTS通信

今の私の治療パターン WTS通信 806

投稿日:

WTSを行い、まず全ての余計な
ものを取り除く。

 

肉体的チェックーこの中には
精神も含まれる。

 

BDFTとパーカッションハンマー、
メカニカルリンク、インパクション、
またはニュートラルバランスで
取り残しを治療する。

 

両足から三点バランスで
全身を評価する。

 

見つけたブロックを頭蓋から、
最近見つけた「生命力バランス」を
整えて終える。

 

この流れでしびれ、肩の問題、
首の問題、膝の問題、腰の問題など
すべてOKのようである。

 

しばらくこの流れで治療を進める
つもりである。

 

最近、私の手技においての
一番の発見は、「生命力の
バランス」ということである。

 

あともう一つ付け加えたものがあった!

 

「バイル療法」これである。

 

これはWTSをより早く終える
ためには重要である。

  • この記事を書いた人

tajiri

-WTS通信

Copyright© グリーンハウス オステオパシー研究所 , 2019 All Rights Reserved.