最近この本を入手した。

 

近現代日本の民間精神療法: 不可視なエネルギーの諸相

国書刊行会

 

 

この本には、松本道別(の師)、
「野口整体ー野口晴哉」、「臼井霊気療法」
などなど、興味深い話が盛りだくさん
紹介されている。

 

日本の明治、大正、そして昭和の初期に
流行していた治療の、その多様性を
今の治療者では知らない人が多い。

 

マッカーサーによって消されてしまった
治療がたくさんあったということだ。

 

確かにそのころの療術の中には、
どうしようもないもの、サギ的なものも
多かったようであるが、

 

その中での優れていたものが
今でも残っている。

 

野口整体、レイキなどである。

 

この本は療法のルーツを知るのにも、
治療術ということを考えるうえでも
大変貴重な一冊であろう。

 

一読をお勧めする次第である。