の治療は、NMRT、擦過テスト、
検査キットと3つの手技を用いて、
私の作った検査手順に基づいて
検査を進めていき、

 

それで見つけた原因に対し、
治療方法も3つの手順を用いて
見つけ出して治療を行います。

 

最近の私のやり方は、もっぱら
新バイル法治療により、症状の
ほとんどを取り去るものです。

 

そして原因を見つける必要性の有無を
3つの手技により探して、さらに
WTSの治療を加え、手技によって、
肉体に変化を与えます。

 

重症なものは、手技とバイル法を
組み合わせて治療を行います。

 

それは大変有効な方法で、
非常によい結果をもたらします。

 

口内炎や口唇ヘルペスの痛みは、
新バイル法で、その場で100%
消え去ります。

 

今も複雑な原因を持つ疾患に対して
有効なバイルを見つけ出すのに
苦労していますが、

 

今の方法は手順が大変なため
(情報バイルが多く必要となる)
より簡素に少数で最大の効果を
出すよう研究中です。

 

この方法の成果は、11月3日
新バイル法セミナー 周波数
治療の可能性」として一般公開します。

 

これはWTSを行っていない先生も
行うことが出来、かつNAET、
フィシオエナジェティック、
フラワーエッセンス、または
波動機器を持っている方が、

 

さらにそれらを有効活用して
頂けるテクニックとなっており、
ご自分が持っている道具の再利用、
最大活用となります。

 

またそういうものを持っていない
先生も、またWTSの会員諸氏も、
各自の特質を生かせることと
考えています。

 

多くの参加者をお待ちします。

詳細はこちらからご確認いただけますか?

11月3日(日) 「新バイル法」セミナー 開催のお知らせ