WTSの治療は今、エネルギーテクニック、
、反射切り替え法、胎児期治療、
恐怖症(特に対人)、呪縛法、そして
最近出来てきた新バイル法と遠隔法がある。

 

そしてNMRT、擦過テストに次ぐ、第3の、
より容易な検査法もできました。

 

この新バイル法と遠隔法は、人を治すうえでは
必須のテクニックとして必ずマスターしておく
必要があり、今回初級1として行うことにしました。

 

今回ガイダンスを行い入会された先生たちもおり、
新生WTSの研修会は、今までとは全く違うものがあり、
WTS治療の可能性をかなり広げることが出来ました。

 

しかも、一般的WTSテクニックよりも、
容易に行うことが出来、効果が非常に高く、
「これぞWTSである」と実感できることと思います。