一時パーカッションハンマーを
使うのを止めていた。

 

あまりに頼ってしまうと手技が
レベルダウンすると思ったし、
便利ゆえ、頻繁に使うことで
パーカッションハンマーの
使い方が荒くなったのを
感じたせいもある。

 

しかし、今はまた使い始めた。

 

意図、エネルギー、集中とよく合わせて
使い、より効果を出している。

 

今はWTSとBDFT、そして
パーカッションハンマーがメインである。

 

その他ニュートラルバランスも
もよく使っている。

 

パーカッションハンマーにせよ、
何にせよ、治療上有効なのは
使っていきたいと思っている。

 

急性の打撲、捻挫などに対する
インパクション・テクニックの
トラウマ消去法は、非常に有効である。

 

疼痛はその場で、しかもごく短時間で
ほぼ消去できる。

 

今回新たなやり方を加えたことで
ほぼ完ぺきに痛みは消せるので、
痛み消去に対して何の心配もなくなった。

 

手技でのテーマは「より高い正確性の
追求」であり、新しいものを望むこと
ではないことが分かっている。

 

今後も精進しいてくつもりである。