面白い例を話そう。

 

ある人が突然、香水や香料、
匂いけしなどをかぐと体調が
悪くなるようになったとのこと。

 

調べていくと、自分の意志とは別に
苦手な人に、やることを押し付けられた
ということがあった。それが関係
しているとのこと。

 

それをで治すと、その場で
香り、においに反応しなくなった。

 

なぜこんなことが起こったのだろうか?

 

私はNMRTで本人に解説した。

 

1.自分が嫌い、苦手な人に
仕事を押し付けられた

 

2.それに対して自分の意見を言えなかった

 

3.その仕事は好きでない仕事。
本当は別にやりたい仕事があった。

 

ということであった。

 

これは、自分の望まない匂いが
意識ないし時にふっと入ってしまう
ことに対しての拒絶であった。

 

そういうことにどのように考えて
行けばよいか、NMRTで探しながら
相手に伝え、それで匂いに対しての
拒絶がなくなり、不快感は出なくなった。

 

このように、人間とは一見関係ない
と思うようなことで、体調を崩してしまう。

 

の治療をやっているとよく分かる。

 

こういった症状は、絶対に
による手技のみでは治せないのだ。