今まで花粉症の治療を受けていた人で
花粉症を再発する人と、

最近治療を受けに来た人で
花粉症のある人では条件が変わる。

再発した人は、花粉に反応しているよりも、
PM2.5や黄砂、そして手指消毒のエタノールに
多くの場合問題を持つ。

あとはカビ、及びカビ除去、例えばカビキラー
などを使って、との化学物質を皮膚、または
口鼻から吸い込んで異常を作っている。

場合によっては水道水の塩素、トリハロメタン、
臭素等がある。

そして多くの場合、過去のトラウマが関与している。

ここでが大きな働きをしてくれる。

第3回目の研修会にて精神治療を解説するので
会員にはぜひとも参加して勉強していただきたい。