これは多くの人に受けてもらいたい治療法であり、
多くの治療者に習得してもらいたい技術である。

患者の潜在意識、インナードクターに対して
治療者が心の中で問いかけをして、筋肉的変化により
Yes/Noを聞き取るNMRTという技術によって、

患者の身体が何の治療を一番してほしいかを
知ることができる技術を主体とした治療法であり、
WTSの技術体系としては

「エネルギー治療」「手技的治療」「
「反射治療」「恐怖症治療」「身体トラウマ治療」
「胎児期治療」「アレルギー治療」等々を含む
総合的治療法である。

どのように治療を進めて行くかのチャートがあり、
それを基本に判断していき、治療チャートの中から
治療手段を選ぶ。

これを見て、「なんだ、エネルギー的治療か」と
思われるのはダメである。

また精神治療を行うと書くと、カウンセリングのような
イメージを持つだろうが、こちらが患者からトラウマ
(精神)の内容を聞くことはしない。

患者のインナードクターが許可してくれた場合のみである。

そして、患者が秘密にしていことや、
治療に関係のないことに対しては、
インナードクターは許可しない。

だから患者は安心して良いし、また治療者側は
邪念を持たずに治療しなければならない。