WTS通信

治療者の傲慢さ WTS通信 868

更新日:

なぜそのシステムが作られたかが
分からないことはよくある。

 

そして、なぜそのようにやるのか
不明なこともある。

 

それは、そのテクニックを作った先生の
経験や直観から作られることもある。

 

そのテクニックを作った先生が、確かに
効果のたるやり方をすべてきちんと
公開してくれている場合、

 

そのテクニックは学ぶ、修得する価値がある。

 

しかし、一部を(特別な理由により)秘密にして
出さないならば、良くないであろう。

 

世の中には、自分の力を顧みず、
自分が出来ないから、または自分が
好き勝手にやりたいからと言って
学ばない人がいる。

 

そういう人は「井の中の・・・」
ということになりかねない。

 

まず、頭を下げ、素直に0から学んでみる。

 

「守破離」に沿って、その技術を習得していく、

 

それによってこそ、高みに登ることができる。

 

自分でやっている先生は、我の強い人も多く、
なかなか難しい。

 

そして人は年齢とともに、考え方の
柔軟性を失っていく。

 

常に新しい情報を取り入れ、バージョンアップ
していくには、あまりに強く我を出すと無理である。

  • この記事を書いた人

tajiri

-WTS通信

Copyright© グリーンハウス オステオパシー研究所 , 2019 All Rights Reserved.