シリーズ・オステオパシー 全投稿

スパイダーネット2 シリーズ・オステオパシー

投稿日:

これは私が考案した診断および
治療のためのテクニックである。

 

これは診断として用いるなら、
何も(症状が)ないところから
繋げて異常を見つけていくやり方と、

 

症状の出ているところから、
その影響あるところを
次々に探し出していくという
ぐらいに使い分けていける。

 

これはローカリゼーションの
やり方とはまったく異なる。

 

ただこの感覚能力は身につけると
大変便利である。

 

WTSの治療にせよ、一般的な
治療にせよ、自分が行ったもので
どれぐらいの効果が出たかを
判定する1つのツールになるからである。

  • この記事を書いた人

tajiri

-シリーズ・オステオパシー, 全投稿

Copyright© グリーンハウス オステオパシー研究所 , 2019 All Rights Reserved.