「シリーズ・オステオパシー」 一覧

シリーズ・オステオパシー 全投稿

見えざるもの1 シリーズ・オステオパシー

2018/10/15  

真に健康に導き、病に向かい、対処するためには 表に出ているものだけに目を向けるのではない。   原因と思われた身体内の病変に目を向け 治すのでもない。   このやり方では、近い将来 ...

シリーズ・オステオパシー 全投稿

生命の力と電気 シリーズ・オステオパシー

2018/10/13  

フルフォード先生は自身の治療にパーカッション ハンマーを用いた。   それを考えると、Vレイも我々オステオパスが うまく利用しうるのではないかと考えている。   ただVレイはエネル ...

シリーズ・オステオパシー 全投稿

体質改善 シリーズ・オステオパシー

2018/10/13  

以前に何回か話をしている右脚リンパ腫、 左股関節骨折して手術の方に、続けて Vレイを行っている。   治療に来られて、状態は確実に良くなっている。   しかも、病院でのリハビリをや ...

シリーズ・オステオパシー 全投稿

耳科クラニアル シリーズ・オステオパシー

2018/10/11  

最近80を超えた方2人の難聴が、 少しづつではあるけど聴こえるようになってきた。   耳元で少し大きな声で話をしても 聞こえなかった人である。   ただ、2人とも大音量で少し音が分 ...

シリーズ・オステオパシー 全投稿

それは正しいのか? シリーズ・オステオパシー

2018/10/6  

オステオパシーには、多くのテクニックがあり、 各々独自の検査法であったり、オステオパシーの 検査法がある。   それらの検査と自らの経験により、適切な手技を 用いて治療を行い、再び検査して状 ...

シリーズ・オステオパシー 全投稿

5つの圧力について シリーズ・オステオパシー

2018/10/5  

人間の体には5つの異なる圧力がある。   1つ目は、頭蓋内圧 2つ目は、胸腔内圧 3つ目は、腹腔内圧 4つ目は、骨盤内圧 5つ目は、脊柱管内圧である。   これらは全く別々というの ...

シリーズ・オステオパシー 全投稿

テキスト シリーズ・オステオパシー

2018/9/29  

だいぶ前に(今月)、「頭蓋治療教本2」を ほぼ書き上げていました。   今回「歯科と耳科のアプローチ」を書き上げて 1冊のテキストを完成させました。   この内容は、きっと多くの頭 ...

シリーズ・オステオパシー 全投稿

上級クラニアル・セミナー シリーズ・オステオパシー

2018/9/29  

ここまで教えて、一応責任は果たした という感じである。   これからしばらく様子を見て、大きなセミナーは 開催しないつもりである。   理由として、非常に価値あるセミナーを行っても ...

シリーズ・オステオパシー 全投稿

目について シリーズ・オステオパシー

2018/9/28  

私は、脳についてはすでに効果を出し、また 研究は継続中ですが、成果を出しています。 歯科も耳科も、すでに一定の成果を出しているので 継続しなければならない分野ですが、そろそろ 「目」と「鼻」の領域に研 ...

シリーズ・オステオパシー 全投稿

歯科のアプローチ シリーズ・オステオパシー

2018/9/27  

今回作った歯科テクニックは、おそらく 「いびき」「無呼吸症」「歯ぎしり」「くいしばり」 のみならず、「甲状腺の問題」「止まらない咳」 「滑舌の悪さ」「嚥下困難」、場合によっては 「頭痛」「目の疲れ」ま ...

シリーズ・オステオパシー 全投稿

歯について シリーズ・オステオパシー

2018/9/24  

オステオパシーには頭蓋矯正法= クラニアル・テクニックがあり、 最近ではだいぶ多くの人が学んでいるようです。   それは大変に良いことのように思われますが、 以前書いたように、その中身は千差 ...

シリーズ・オステオパシー 全投稿

意図 シリーズ・オステオパシー

2018/9/21  

パーカッション・ハンマーもVレイも術者の 意図を器具に合わせることで、単なる物理的な 刺激では無くなる。   オステオパスも単に自分の肉体を使って治療 するのではなく、治療に有用なもの、フル ...

シリーズ・オステオパシー 全投稿

ついにVレイセミナーを行う シリーズ・オステオパシー

2018/9/19  

Vレイは使い方が本や器具を買うと簡単な説明書 がついていて、それらを見ると使い方が一応は分かる。   今回セミナーで公開した方法は、一般的に考えて 行われている方法とは全く違います。 &nb ...

シリーズ・オステオパシー 全投稿

ほぼ完成 シリーズオステオパシー

2018/9/18  

側弯症に対してのアプローチ法は完成しました!   「ほぼ」という言葉をつけたのは、私のことなので より良い方法を考え出すかもしれないためです。   この治療法を行うと、その場で姿勢 ...

シリーズ・オステオパシー 全投稿

あくなき探求心

2018/9/16  

今開発した脳治療は精神面、トラウマ、事故や 手術の後遺症、可動制限、痛みに対して全て 用いることが出来ることが分かった。   今ある方法で(BDFTとか)この先に新しい テクニックはいらない ...

Copyright© グリーンハウス オステオパシー研究所 , 2018 All Rights Reserved.