オステオパシーを一生懸命勉強し、練習し、臨床でも
工夫を積んで頑張っているあなたへ。

ある患者は予想通りに治る。
ある患者は予想通りにはいかないが治った。
そしていくら頑張っても治らない人がいる。

そんな経験はないだろうか?

そして、以前は治らない人は多くなかったのに、
いくら勉強し、セミナーに出て、テクニックを学んでも
治らない、または治りにくい人が増えてないだろうか?

そんなときに、セミナーで教えてくれる先生の技術を
しっかり身につけていないとか、あの先生が自分の患者を
治療してくれたら治るんじゃないかとか、

あるいは、このテクニックじゃダメなんじゃないかと
疑ってみたりしていないだろうか。

そんな経験は私もだいぶ前にしてきた。
だから気持ちはわかる。

はっきり言って、今後どんなオステオパスも、
今よりもっと人を治せない時代が来る。

それは現在世界で起きていること、生じていることを
考えてみれば、容易に想像することが出来る。

もし手技を一生懸命に勉強していて、私のような考え方をしている、
または体験している先生は、自分やテクニックを疑う前に、
もっち違うアプローチを勉強し、臨床に活かすべきだ。

私が作った「」は、
きっとその疑問に答えてくれるだろう。