シリーズ・オステオパシー 全投稿

マナー違反 シリーズ・オステオパシー

更新日:

時として、何かの理由で予約がキャンセルになる。

 

人によって、予約が1週間に1度の人も、
1か月で一度の人もいる。

 

1か月に1度の人は、それが何かの
都合で来れないでキャンセルすると、
2か月間空くことになる。

 

その間、体調が良ければいいけど、
腰を痛めるなどのアクシデントが
あることもある。

 

その時にその人は、当院にキャンセル待ちの
電話をしてきたり、しなかったりである。

 

その時のアクシデントが大したことがなければ
治療の期間が空いても良いけど、

 

もし体調が崩れていたり、次回まで待つと
今までせっかく治療してきたことが
悪化していくこともあるし、

 

または、そのアクシデントが次第に悪化して、
体調が悪くなるのかも知れません。

 

だから自分の為に、その時は早く
治療を受けたほうが良いでしょう。

 

時として、間が空いて体調が良くないときに、
私が「もっと早く電話して、治療に来れば
良かったのに」というと、

 

「キャンセル待ちを何か所か入れたのに
全く空かないので来れませんでした」と
言われる方がいます。

 

この場合、早く治したほうが良いわけで、
自分で時間の都合をつけてくればよいので、
何日の何時と指定されると入りにくいので、

 

この場合、何か所かの時間を言っていただき、
キャンセル待ちされるか、もっと時間の幅を
大きくしてもらえると入りやすいです。

 

中には、「何か所もキャンセル待ちを入れたのに
空かなかったから来れませんでした」という
人がいて、それが本当なら仕方ないですし
申し訳ないのですが、

 

あとで受付の先生に聞くと、
「1か所しかキャンセル待ちしてません」
ということが何度もありました。

 

本人は何か所もキャンセル待ちした気になったか、
それとも・・・ですね。

 

まあ、いずれにせよ本人の問題であり、
治療をどう考えているかの問題です。

  • この記事を書いた人

tajiri

-シリーズ・オステオパシー, 全投稿

Copyright© グリーンハウス オステオパシー研究所 , 2019 All Rights Reserved.