シリーズ・オステオパシー

ひどいもんだよ シリーズ・オステオパシー

更新日:

当院に来られるまで色んな治療院で
色々な刺激を受けてきた人の身体は
何も治療しないで当院に来られた
人よりも、たちが悪い。

 

治療しても、身体が素直に
反応してくれないのである。

 

まるでもぐらたたきのようである。

 

こちらを治すとこちらに症状が出て、
そこを治療すると最初に治した所が
元に戻るのだ。

 

しかし、そのようにして色々
苦労して治していくと、やがて
こちらの思い通りの結果に
身体が反応するようになってくる。

 

なぜここが悪く、こことこう治すと
このようになるということが読める
素直な身体になってくれる。

 

だから、一番最初の問診で、

 

色々なところで治療を受けてきた、
しかし、よくならなかった、または
だんだん悪化してきた

 

という患者を見るときには、
充分に注意してください。

 

私はあせらず治療を進めることが
できる(苦労しながらーそういった
患者の治療は実に面倒くさいので)が、

 

技術が充分になく、キャリアも
充分でない先生は、まるで迷路に
入ったかのように感じることであろう。

  • この記事を書いた人

tajiri

-シリーズ・オステオパシー

Copyright© グリーンハウス オステオパシー研究所 , 2019 All Rights Reserved.