WTS通信

バイル療法2 WTS通信 841

投稿日:

WTSバイル療法ともいえる、
新しいアプローチ法に効果がある、
というか効果が出ている。

 

今はほとんどの人にこれを用いて治療している。

 

エネルギー放射は15秒くらいである。

 

もちろんどうやるかはWTSの検査としての
擦過テストが主流である。

 

来れのやり方は、まだ工夫が必要である。

 

しかし手技で行うなら何分もかかりそうなものが
ほんの15~20秒で解決してしまうのだから
効率が良い。

 

ただし、今のところ万能ではないので、
今後の臨床を積み重ねていくしかない。

 

例えば潰瘍性大腸炎を持つ人で、
いまお腹が張っているという症状も、
検査治療時間がほんの数分で済む。

 

そして、その効果はその場ですべての
深い症状を消し去った。

 

ただし、このやり方では、WTSの他の
テクニックのように分析していくことはできない。

 

また道具が必要である。

 

しかし、それらを差し引いても、
起こせる効果を考えたら素晴らしいものがある。

  • この記事を書いた人

tajiri

-WTS通信

Copyright© グリーンハウス オステオパシー研究所 , 2019 All Rights Reserved.