WTS通信

ニュー・バイル法 WTS通信 836

投稿日:

今まで「バイル療法」として
紹介してきた方法を、新しい
器具を用いて、ある考え方で
行うことを始めました。

 

方法は2通りです。

 

1.WTSのエネルギーを用いて使う

2.機器を用いて情報をバイルに入れて
作ったものを用いて行う

 

今はもっぱら2の方法ですが、指の関節が
腫れて曲がり痛む人に対し、その方法を
用いて、その場で腫れと痛みが取れました
(まだ数名でしか確認していませんが)。

 

この方法はWTSの重要なテクニックになり得ます。

 

最近は遠隔法や、ワールドポップと
立て続けに大変ユニークなテクニックが
誕生しました。

 

これらはWTSの会員に大変良い
未来を与えるものです。

 

各会員には「必ず」身につけていただく
ようにしていただきます。

 

この新しい方法で確実に効果を
出すようにするためには、まだ
試行錯誤をしてよりよいものに
していく必要があります。

 

その時を楽しみにしていてください。

  • この記事を書いた人

tajiri

-WTS通信

Copyright© グリーンハウス オステオパシー研究所 , 2019 All Rights Reserved.