tajiriの記事

シリーズ・オステオパシー

治療者が シリーズ・オステオパシー

2019/12/13  

いま当院には、治療者や関係する 人達が来られている。   治療する人間も健康は大切であり、 自身の体調が悪ければ、 良い治療は出来ない。   治療に関係している人たちであるので 色 ...

セミナー情報 全投稿

新年度セミナー:オステオパシー根幹セミナー案内

2019/12/12  

新年度セミナー:オステオパシー根幹セミナー <内容、予定> 1回目:2020年3月8日 ギア・システム ー身体、特に両上肢を用いて、身体内に仮想ギアを作り 診断・治療を行う。受信と送信について。 2回 ...

WTS通信

細胞膜について WTS通信

2019/12/10  

細胞膜に対しての重要性は、 ブルース・リプトン先生の 「思考のすごい力」という 本に書いてある。   また、バイオダイナミクスを 学んでいる先生も、よく 分かっていることと思う。 &nbsp ...

WTS通信

治療時間 WTS通信

2019/12/6  

以前は40分枠でやっていましが、 人によってはそれでは足りない為 今は50分枠でやっています。   それはWTSを行い、精神治療を行い、 かつ手技を行う場合には、 必要な時間であるということ ...

シリーズ・オステオパシー 全投稿

脳に対するアプローチ シリーズ・オステオパシー

2019/12/6  

最近私の治療のメインテーマは脳である。   脳に対しては、すでにいくつかの テクニックを開発しており、   「アクティブ・ブレイン・アプローチ」は 自閉症や発達障害の子供に 必須の ...

シリーズ・オステオパシー 全投稿

FAT! シリーズ・オステオパシー

2019/12/4  

歩行時の左脚の動きがおかしい (内反している)患者さんの話である。   脊柱、骨盤、脳内スパズム、クラニアル、 内臓(インパクションにより治す)、 両下肢をBDFTにて治療した。 &nbsp ...

WTS通信

新バイル法の効果! WTS通信

2019/12/4  

最近、新バイル法という、私の作った器具と 情報バイルを元にして治療する方法を作った。   セミナーでテクニックを伝えたのが、 ほぼWTS研究会会員であったため セミナー出席者から臨床報告を頂 ...

全投稿

テクニックか原理か シリーズ・オステオパシー

2019/11/27  

今年も1つづつの細かいテクニックは開発した。   例えば新しいBDFTの骨盤治療。 ニュートラルバランスでの新しいアプローチ。 BDFTとニュートラルバランスの結合。 頭蓋フルクラムの治療に ...

WTS通信

最近改めて・・・ WTS通信

2019/11/27  

今は、バイル法と、新しく作った 「左右脳調和法」とニュートラルバランス、 BDFTで全て事足りるので、WTSを 少しおろそかにしてしまったが (そのようにわざとしてみた)、   やはりWTS ...

全投稿

感覚のずれ シリーズ・オステオパシー

2019/11/27  

最近「脳の治療」のために時々 「水平バランス」を行ったり、 「重心足」の確認を行っている。   そこで面白い現象に気付いた。   重心、つまり自分の体重がかかっている側の 脚という ...

Copyright© グリーンハウス オステオパシー研究所 , 2019 All Rights Reserved.