シリーズ・オステオパシー 全投稿

ロングタイド シリーズ・オステオパシー

投稿日:

そのレベルに正しく入り、かつ術者側が
心静かに感覚を研ぎ澄ますと分かってくる。

 

自分がビジュアライズした組織の中で、
ロングタイドが動いていく、移動していく。

 

リキッドライトでは感覚が変わり、
組織を変容させていく。そしてベクトルが
修正されると、傷ついた組織が活力を取り戻す。

 

正常化へ向かう。

 

これらは、それを体験し、かつ体得せねば
机上の空論にしかすぎず、分からない人は
単にその気になってやっているつもりのままで、
病変には何の変化も生じない。

 

この感覚を少し分かる人の方が逆に危ない。

 

変に組織を歪めてしまい、かえって悪化させて
しまうかもしれない。

 

「何が正しい状態か?」を知っていなければ
自分のやっていることの正否が分からず、
よく切れる日本刀をむやみに振り回している
ようなものだ(大変に危ないということ)。

 

だからバイオダイナミクスは、正しく使える人から
感覚を伝えてもらい学ばないといけないし、
それを修得できるまで自分のレベルを充分に
あげておかねばならないのだ。

 

今は私が初めてバイオダイナミクスを学んだ時よりも
多くの人がこの技術の存在を知り、学んでいるだろう。

 

その中にはだいぶいい加減なものもある。

 

この技術を真に修得し、使うことができたら、
多くの患者が救われる。

 

しかし逆の場合は・・・

 

大変、悪い!

  • この記事を書いた人

tajiri

-シリーズ・オステオパシー, 全投稿

Copyright© グリーンハウス オステオパシー研究所 , 2019 All Rights Reserved.