シリーズ・オステオパシー 全投稿

研究 シリーズ・オステオパシー

投稿日:

今私はバイオダイナミクスにより
成果を出し、出せるまでになっている。

 

今後は自分の作り出したテクニックを
より磨いて、さらに光を与えていきたい
と思っている。

 

少なくとも、バイオダイナミクスに肩を並べる
くらいのレベルに引き上げたいと思う。

 

まずは「インパクションテクニック」
そして「ニュートラルバランス」である。

 

次に「圧力バランス」「アースバランシング」
「FAT」である。

 

なぜインパクションテクニックとニュートラル
バランスを最初に選んでいるかというと、
今の臨床でバイオダイナミクスの次に
この2つを使っていて、その可能性の
大きさを感じているためである。

 

私の作り上げたテクニックは、どれも
個性的であり、むしろそれらはその人により、
私よりもうまく使いうるのではないかと思っている。

 

何しろ、私の持っているテクニックの全てに対して
自分がスペシャリストであるという状態にできる
程の時間も、ゆとりも、能力もない。

 

しかし、自分で作っている以上、この世で一番
うまく使いうるのは、今のところ私である
ということになる。

  • この記事を書いた人

tajiri

-シリーズ・オステオパシー, 全投稿

Copyright© グリーンハウス オステオパシー研究所 , 2019 All Rights Reserved.