WTS通信

認知ということ WTS通信 745

投稿日:

我々の治療には、多くの方法、テクニック、
そして多くのデータや資料があります。

 

大事なことは、患者本人が自覚する必要が
ある場合、我々の方から、何をどうしていくべきか
の情報を与えることにより、本人がそれを認識して、
自覚しなければ、結局同じことを繰り返して、
同じ症状、またはさらに悪い症状へと
つながっていくということです。

 

治療は、単に「楽にする」だけではなく、
「意識の持ち方」「考え方」「生活の仕方」を
アドバイスまでできてこそ、治療をなしたのだ
ということです。

 

この「きちんとしたアドバイスができる」まで
出来るようになって、初めてWTSの治療者であると
いうことができます。

  • この記事を書いた人

tajiri

-WTS通信

Copyright© グリーンハウス オステオパシー研究所 , 2019 All Rights Reserved.