シリーズ・オステオパシー 全投稿

自閉症スペクトラム シリーズ・オステオパシー

更新日:

以前にも話をしたことのある子供です。
今年小学校に上がりました。

 

最初のころは本当に大変でした。
治療自体がままならないくらいでした。

 

一緒に来られていた母親をたたいたり、
つねったり、蹴飛ばしたりと・・・

 

前に私のことを「先生」というようになり、
素晴らしい進歩をしたと言っていた子供です。

 

その子が、ついこの前の治療では、ほとんど
母親に乱暴なことをせず、きちんと治療を
受けられました。

 

まだきちんと学校へは通えていませんが、
それでも少しづつの進歩があります。

 

自閉症の子の治療は特徴があって、脳にアクセスすると
その神経活動がバラバラで、いろいろと動くのが
特徴なのですが、今回は非常に安定した感じでした。

 

それがたまたまなのか、変化してきたのか、
今後の楽しみです。

  • この記事を書いた人

tajiri

-シリーズ・オステオパシー, 全投稿

Copyright© グリーンハウス オステオパシー研究所 , 2019 All Rights Reserved.