WTS通信

それでこそ! WTS通信 728

投稿日:

毎月、全会員諸氏より、WTS治療の
報告をいただいています。

 

今回はその中で、私からインパクション・
テクニックと、WTSの技術を学んでいる
会員からの報告で、他会員にも知って
もらいたいことがあり、ご本人にその旨を
伝えてここに出すことになりました。

 

私は、患者はもちろんのこと、自分の
身内を助けることができるような技術を
身につけてほしいと思うし、また、
私の作った技術が役に立つようにと
常に考えています。

 

他会員もこれを読んで、さらに精進して
行ってほしいと思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【生後7日の小児治療】

生後7日程から病院での検査でも
当初は原因不明の発熱がありました。

1週間しても抗生剤は効かず38度を超える
発熱がある状態が続いていたので、
WTSとインパクションを行いました。

WTSでは毒素、化学物質の問題がでて
インパクションでは肺の治療した日から
熱は下がり始め、この1週間で38度出たのは1回だけでした。

その後は37度前半に落ち着いていくようになりました。

その後、MRSE、ESBLという菌が見つかりました。
熱が落ち着いてきましたが、時折呼吸が出来なく
なったりし、保育器で呼吸を管理されている状態です。

今週末もまた治療を行いたいと思います。

今回の件で改めてWTSの奥深さを体験出来ました。
またこの様な技術を学べている事に幸せを感じる
と共に感謝いたします。

田尻先生ありがとうございます。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

  • この記事を書いた人

tajiri

-WTS通信

Copyright© グリーンハウス オステオパシー研究所 , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。