シリーズ・オステオパシー 全投稿

なるほど シリーズ・オステオパシー

更新日:

世の中に優れた治療者が多くないのは、前回、
言い訳する生徒が多いからということで
あろうかと思った次第です。

 

治療技術を学ぶ、時には本人の資質が重要
なのではないだろうか?と考えました。

 

私は初めのころ直感的に、「この先生は
ついてこれないだろうな」と思っても
勉強してもらいました。

 

つまり、人は精神性が成長する動物であると考え、
次第にそういう人たちも考え方を変え、向上心を持って
いくだろうという期待を持って導いてきたと思います。

 

しかし、現実は圧倒的にそうではないと思います。

 

だから最近は、人に技術を教えることに嫌気がさして、
自分個人の向上を考えるようになってきました。

 

しかし、そう考えると不思議なことに、
新しいアイデアが浮かんでこないようです。

 

やはり、人に教えていくことは、私にとっては
大事なことなのだろうなと思い、今はなんとか
気持ちを切り替えようとしているところです。

 

はたしてどうなることやら。

  • この記事を書いた人

tajiri

-シリーズ・オステオパシー, 全投稿

Copyright© グリーンハウス オステオパシー研究所 , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。