シリーズ・オステオパシー 全投稿

言い訳し自己を正当化しても シリーズ・オステオパシー

投稿日:

一定の努力をやり続けた結果ダメと考えるのと、
そこまで努力をしていないでやめてしまうのでは
天地ほどの差がある。

 

何かをやり抜いて大成する人は、自分が正当である
との言い訳をしようとしない、その人がいつか、
ダメなのは自分であったと真剣に思い、言い訳をせず、
何かに向かって必死の努力を積んでいけば、
ものにすることができるかも知れません。

 

自分の弱さを言い訳して逃げている間は無理でしょう。

 

しかも、目の前に苦しんでいる人がいるのに
その人に対し、言い訳をするのでしょうか?

 

「技術がないから」「自分に合う技術が見つからない」
「勉強していく時間がないから」

 

それでこのままやり過ごしていくのでしょうか?

 

少なくとも私はそうではありませんでした。

 

良い未来を作り出す今の努力がなくては、
いつまでも変わることはない。

  • この記事を書いた人

tajiri

-シリーズ・オステオパシー, 全投稿

Copyright© グリーンハウス オステオパシー研究所 , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。