シリーズ・オステオパシー 全投稿

5つの圧力について シリーズ・オステオパシー

投稿日:

人間の体には5つの異なる圧力がある。

 

1つ目は、頭蓋内圧
2つ目は、胸腔内圧
3つ目は、腹腔内圧
4つ目は、骨盤内圧
5つ目は、脊柱管内圧である。

 

これらは全く別々というのではなく、
1つのところの圧力変化に合わせて、
他の圧力も変化を起こす。

 

もしこのコミュニケーションによる
自己調整ができないと問題が生じると
昔、フィリップ・デュレル先生から学んだ。

 

最近よく台風が来る。

 

低気圧が近づくと、体調が悪くなるとか、
頭痛がするという人がいる。

 

この時も、この圧力のバランスがうまく
取れてないためであるということも
要因の1つ(すべてではない)であろう。

 

と考えるならば、我々は単に頭蓋を治療するとか、
胸郭を治療する、脊柱を治療するとかではなく、
これらの相互機能の正常化を図る必要がある。

 

そのためにはやはり全身を治療できる技術を
身につけ、かつ、それらを統合させる技術を
持たねばならない。

 

各部位に対しての技術を持つ人は多くとも、
コーディネーションする技術を持たぬ人は多い。

 

今後セミナーでは、この「コーディネーション」
についての技術を行いたいと思う。

 

「コーディネーション」に特化したセミナーは
今まで開かれたことはないであろう。

 

というか、そういうことが大事であることを
知らぬ治療者は多い。

  • この記事を書いた人

tajiri

-シリーズ・オステオパシー, 全投稿

Copyright© グリーンハウス オステオパシー研究所 , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。